旧軽井沢に残された珠玉の別荘地
ここ旧軽井沢の森、74万㎡(約22万坪) に、ゲートで守られた155区画の邸宅別荘地。
日本の別荘文化発祥の地である旧軽井沢エリア。精進場川の清流をはさんで、旧三笠ホテルの対岸エリアに広がる光と風の丘。北西に名峰・浅間山をいただき、南東には妙義山を遠望…眼下に軽井沢の市街地を見下ろす眺望豊かなプレミアムリゾート。「旧軽井沢倶楽部 別荘地」は“旧軽井沢”でも唯一といわれるようなランドスケープデザインと、高品質なインフラを備えた希少の邸宅別荘地です。

旧軽エリアに残る希少の“山の手”邸宅別荘地

三笠通りのカラマツ並木を抜けて精進場川の小橋を渡ると、ほどなく「旧軽井沢倶楽部 別荘地」のゲートウェイが現れます。軽井沢一の賑わいをみせる旧軽銀座まで約2㎞、軽井沢駅まで約3.6㎞の距離にありながら、そこは喧騒とはかけ離れた静寂の地。由緒ある旧軽井沢のなかでも、“山の手”立地というステイタスを感じさせる特別なステージです。

総面積約22万6千坪(747,456㎡)の広大な森

名峰浅間山の南東に連なる22万6千坪余りの広大な敷地に、わずか155組のオーナー様だけが享受できるプレミアムリゾート。標高1,000mから1,200mの自然豊かな丘陵地に展開する「旧軽井沢倶楽部 別荘地」は、従来の旧軽井沢の別荘地が持つ苔むした湿気や暗いイメージとは少し趣が異なり、爽快で開放的な明るさと大きな空が特長です。

自然の植生を80%以上残した豊かな環境

法的な規制である60%保存をはるかに上回る、敷地の80%以上を“ありのまま”の自然で残しました。また東南方向に林間の名門別荘地が、北西方向に長倉山国有林が広がっており、タウン内外を通じて良好な自然環境が保全されています。時折、浅間山から連なる大樹海を通って、野鳥やリスなどが庭先にかわいい姿を見せてくれます。

建築条件なしの土地分譲

今回分譲
28区画
最多販売価格帯
3,000万円台(12区画)●最低価格1,870万円(区画面積1,032㎡)〜最高価格6,800万円(区画面積3,417㎡)

Information

2017年7月19日 夏期休業期間のお知らせ

夏期休業期間は8月10日~8月16日です。誠に申し訳ございませんが、上記期間中に当サイトへ頂いた資料のご請求・ …

2017年3月14日 「BRILLIANT CLUB 友の会」会員募集開始!!

この秋、いよいよ「ブリリアント旧軽井沢 II」がデビューします。「BRILLIANT CLUB 友の会」にご入 …

2017年1月5日 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。本日より資料請求及び現地ご見学のお申込等を承りますので、メールやお電話にてお気 …

PAGETOP